« 人財の棚卸し | トップページ | 中途採用者を『人財』へ② »

2008年10月15日 (水)

中途採用者を『人財』へ①

Img_2366
こんにちは、山岡です。
中途採用者の多い中小企業が人的資源を
最大限に活用するには・・・

→続きを読む前に人気ブログランキング


中途採用者は新しい会社に馴染むために
あえて前職のことを語らないことがあります。

転職関係の本にも、
「前職ではこうだった」ということを
言い過ぎるのはマイナスになるということが
書かれています。
もちろん、その通り・・・ですが、
一つ疑問があります。

前職の経験を現在の仕事に活かす場合に、
本人の判断だけに任せていいのか?
「前職経験のうち、現在の仕事に活かせること
だけを出してくれ」と言われると、
現在の仕事と直接関係ない経験には
蓋をしてしまうことがあります。

前職が製造業、現在の仕事が営業の人の場合、
製造業の経験なんて営業と関係ないと思い
本人が前職のことを話さない場合があります。
そのとき、周りの営業社員の反応も、
「製造業の話なんて関係ないよ」
という雰囲気です。

確かに営業という職場では、
製造業の仕事は直接関係ないのかもしれませんが、
営業先が製造業である場合等はどうでしょうか?
製造業のことを知る→お客さまのことを知る
ということになりますよね。

社内には、貴重な人財が眠っているのです。
人材を人材のままにせず、
中途採用者の経験・能力を認めることによって
『人材』から『人財』へ!!


★ランキングに参加しております。
励みにしておりますので、皆様の
優しいワンクリックshine
どうぞよろしくお願いいたします! 

     ↓       ↓
heartにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へBanner2heart

|

« 人財の棚卸し | トップページ | 中途採用者を『人財』へ② »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080141/24529964

この記事へのトラックバック一覧です: 中途採用者を『人財』へ①:

« 人財の棚卸し | トップページ | 中途採用者を『人財』へ② »