« 今日は七夕ですね | トップページ | セミナー講師、連続記録更新中です »

2009年7月 8日 (水)

名ばかり管理職、で賃金カットは許されません

Img_4393
こんにちは。
ヒューマントレジャーサポートオフィス の
副代表 増井いづみ です。

体がダルくて仕方がないので
薬局で久々に栄養ドリンクを買い求めました。
原因は分っております。
明らかに『寝不足』です。

レジに向かう私の手には
疲れた時にはお世話になっている違う商品が。
そんな私に店員さんが一言
『お疲れでしょうか?それでしたら
コチラの商品の方が効きますよ。
コチラは“ユ○ケルよりも効果絶大”ですヨheart01

店員さんオススメの商品なら購入しないわけもありません。
良く冷えた、おいしそうなオススメ商品と交換し購入。

立派な箱に入って、確か890円ほど。
ユ○ケルよりもかなり割安です。
箱を開けると、意外に小さいビン。

Img_4394

飲んでみると、かなり効きそうな味で
高麗紅ジンの、ショウガに似た“ピリピリ感”が!

そしてその効果ですが・・・・・・

今こうやってブログをアップできるほど回復しました!!
薬局の店員さん、良い商品を薦めてくださり
ありがとうございました。

ところで、今日は気になるニュースがありました。

→続きを読む前にクリックをお願いします!人気ブログランキング

今日の増井注目のニュース

  ↓   ↓   ↓
居酒屋「日本海庄や」などをチェーン展開する「大庄」が
店長を管理職扱いにして残業代を認めないのは違法として
名古屋市に住む元店長の男性(24)が今日8日
同社を相手に、未払い残業代と慰謝料など
計約570万円の支払いを求める訴訟を名古屋地裁に起こした。
訴状によると、男性は2007年4月に入社し、
同年の7月に「日本海庄や 錦店」(名古屋市)の店長となる。
そして管理職に相当する「管理監督者」として扱われるようになり
時間外手当や休日手当が支給されなくなってしまった。
しかし、実際には、店の他の社員と同様に接客業務などを行い
店舗の従業員を採用する権限も与えられず
出退勤の時間にも自由がなかった。
昨年の年収も400万円に満たず、男性側は
「労働条件の決定やその他の労務管理について
経営者と一体的立場にあるとする管理監督者には当たらない」
と訴えている。

〜ニュースの内容ここまで〜


つまり、
店長、とは名前だけで、労働基準法で定められている
残業代等の支給が義務付けられていない「管理監督者」
には“あてはまらない”のに、残業代等が支払われなかった
ことに問題があります。

こうした事態に対処するため厚生労働省の通達が定められました。
    ↓

〜厚生労働省通達〜
管理監督者の範囲の適正化について(2008年4月1日)

〜厚生労働省通達〜
多店舗展開する小売業、飲食業等の店舗における管理監督者の範囲の
適正化を図るための周知等に当たって留意すべき事項について

名ばかり管理職、をめぐっては新しいところでは
日本マクドナルドでも訴訟事件がありました。
今年の3月に同社が和解金1000万円を支払うことで
和解が成立しています。

『管理職』という役職をつけたとしても
実体に即していなければ法律の規制をクリア
したことにはなりません。

訴訟、となってしまいますと
金額面だけではなく、あらゆる面で
会社にダメージを与えます。


そうならないためにも
経営者の皆様、御社の『管理職』の定義は
法律に則っていますでしょうか。
この機会に今一度ご確認ください。


★ランキングに参加しております。
励みにしておりますので、皆様の
あたたかい応援クリックshine
どうぞよろしくお願いいたします! 

     ↓       ↓
heartにほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へBanner2heart

|

« 今日は七夕ですね | トップページ | セミナー講師、連続記録更新中です »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080141/30467117

この記事へのトラックバック一覧です: 名ばかり管理職、で賃金カットは許されません:

« 今日は七夕ですね | トップページ | セミナー講師、連続記録更新中です »